スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

懐かしの日立電鉄

おれ「ブログ書くことねーなー、何書こうかなー。前に言った日立電鉄でも書こうかなー」
???「・・・・・・(無言の圧力)」
おれ「誰かがこっちをジッと見ている気がする:(;゙゚'ω゚'):」
???「・・・・・・(無言の圧力)」
おれ「」


どうもtokiwaです
今年の4月下旬、「日立電鉄線の思い出」と題された企画展に行ってきた・・・と記事にしました。
日立電鉄線が廃止になってから約一年後に開催された「さよならちん電一周年」という企画展にも足を運んでいるのですが、その時の写真が少ない(撮影禁止だったかもしれない)ので、それに関しては更新する予定はございません。


それでは何を書くかと言うと、廃止約一年後に撮影した旧常北太田駅構内の様子です。
この時は確か、常北太田に留置されていた車両の解体が行われている時だったかと思います。既に電線類は取っ払われ、車両と駅舎や駅ホームが残っている状態でした。
太田駅周辺の再開発が行われる前の話ですので、バスの停留所も今より狭いものでした。
廃線後もしばらく旧常北太田駅の駅舎内がバスの待合室として使われていました。(実際そのように使っていた人が居たかどうかは分かりませんが)
廃線になってから早10年経ちました。とある人の無言の圧力があるので10年経ったということで、更新しようかな?という気になりました。


車両が実際に解体されているところを見たわけではないですが、好きだった人にとっては結構ショッキングかもしれません。それなりに心して見ていただきたい。責任は負いません(というか負えない)



ちな、現役当時の常北太田駅
IMG_2015071523264216a.jpg
IMG_0002_201507152326448fc.jpg

※写真は全て敷地外から撮影しています
いつ撮ったか覚えていません。時系列がバラバラになっていると思います



これは車の中から撮った写真。解体が本格的に始まる前・・・のはず。
IMG_0086.jpg


電線類が無くなってやけにさっぱりしたホーム。
IMG_0002 (2)

留置線を裏手から撮りました。写真奥が大甕方面。
IMG_0088.jpg


既に一部車両のパンタグラフは撤去されていました。
IMG_0091.jpg
前面の窓ガラス、割られてる・・・。


車両によって部品があったりなかったり・・・
IMG_0092.jpg
奥の車両は前照灯がありますが、手前の車両にはその類が見当たりません。「HITACHI DENTETSU」のロゴマークも剥げてしまってる・・・


この車両は白いカバーで密封されています。・・・一時期報道でよく聞くようになった「アスベスト」が関係してるんですね。
IMG_0093.jpg


カッターで切りこみが入れられている・゚・(つД`)・゚・
IMG (2)
これが車両の最期・・・あまり見たくないね。。。



待合室の内部の様子です。窓口(だったかな?)のシャッターが閉まっているだけで、他は特に変わりありません。
IMG_0089.jpg
写真には写っていませんが、ちょうど撮影した背中側・・・には売店か何かがあったはず。この時はやっていなかったはずだけど、廃線になるまで営業していたんじゃなかったか?アイスのケースがあったような気がします。



・・・こっちが窓口か?その脇には有人改札がありました。
IMG_0090.jpg
塞げるところは紙で塞いである状態でした。室内はしみじみ見てないのか、写真はありませんでしたが・・・。ボードがそっくり残っているとはね。何か書いてあるようですが、この写真(スキャンした)では分かりませんね。。。


10年・・・早いね。
10年前は俺が中学2年のころでした。鉄道<テレビ優先だった自分を恨むぞ・・・。それでも撮れたということだけでも今となっては貴重になったので、何はともあれよかったとは思っています。

関連記事
スポンサーサイト

2015-07-15 : 鉄道関係 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokiwa

Author:tokiwa

カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索

日めくりカレンダー

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。