【セットリスト】ゴスペラーズ坂ツアー2013~2014"ハモ騒動"@東京国際フォーラム

ハモ騒動ツアー、43公演中27公演目です。
セットリストにほとんど変化はありませんが、東京ならではのサプライズがありました!

(1704開演)
真っ赤な太陽
太陽の5人
GOD BLESS YOU
シアトリカル
TIME STOP

Someone to wacth over me
Just The Way You Are
Heartbeats

Thank you
U'll be mine
ロビンソン
永遠に

Mr. ベースマン(黒沢+安岡)
ヤングマン(北山+酒井+村上)

ひとり
筑波山麓合唱団
猫騒動
Tiger Rag(日本語バージョン)
やさしさに包まれたなら
Street Corner Symphony
ROCKIN' & CRYIN' THE BLUES
Love Train
FIVE KEYS
FRENZY
LOVE MACHINE

<アンコール>
It's Alright ~君といるだけで~
夢伝説
HEY Jude
いろは
(2004終演)

【感想等】
シアトリカルの曲中、酒井氏のマイクスタンドが伸びないというアクシデントが!最初のMCでネタにしていました。
・メンバー紹介は酒井→村上→北山→黒沢→安岡。水戸の時と同じです。
・メジャーデビューの2年ほど前(1992年頃?)、谷村新司のバックコーラスを頼まれたが、2日続けて遅刻して首になった。この仕事を紹介してくれたのがJIVEだったとか。
・来年は結成してから20周年!
・FNS歌謡祭の話が多かった。安岡氏は南野陽子が大好きとのこと。
Mr.ベースマンの曲中、「♪バババーババーババーバー」を観客にムチャぶりw
・黒沢、村上の2人で九州旅行に行った時、2人でSoul Manを披露したとか。
・村上氏がサングラスを外す場面がありました。目が細いですね。
FRENZYの間奏で酒井氏がパーカスを披露していました。バンドメンバーも紹介。
・発声は北山氏。
・アンコールはスターダスト・レビュートライトーンの2組が登場!夢伝説Hey Judeを歌唱しました。村上氏は「ここがピンポイントです!」と言っていました。やはり緊張していたのかな。
・スタレビの根本氏は「ケータリング(楽屋の弁当)が美味いね!」と言っていました(笑)
・アンコール後、5人の挨拶。あいまいな部分があります。
 酒井「冬は(乾燥することもあり)シンガーにとっては受難の季節。5000人(フォーラムに集まった観客)の熱気でなんとかなりました!」
 北山「今日は本当に精根尽き果てました」
 黒沢「アマチュア時代、スタレビのカバーを多くしていた。"永遠に"より多く歌ってるのではないか。学生時代の記憶が蘇って恥ずかしい(笑)」
 安岡「先輩の実力に触れると、この人(歌手)のことが本当に好きなんだなあと思った」
 村上「素晴らしい曲や素晴らしいグループがあって、カバー曲が歌えてうれしい。歌い続けて行くことが恩返しになる」
関連記事
スポンサーサイト

tag : ゴスペラーズ The Gospellers スターダスト・レビュー STARDUST REVUE トライトーン TRY-TONE

2013-12-08 : ゴスペラーズ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

tokiwa

Author:tokiwa

カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索

日めくりカレンダー

Twitter