スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

西武安比奈線、「復活」ならず

"西武安比奈線(あひなせん)は、埼玉県川越市の南大塚駅から同市内入間川沿いの安比奈駅へと至る西武鉄道の貨物線である。1967年(昭和42年)から、長らく休止されたままとなっている―"
(wikipediaより)

この書き出し、見覚えがある人は・・・いないよね。いたら嬉しい。2012年の夏に安比奈線を探索し、記事にしました。暑い夏の日でした。冗談抜きで。よくやったもんだと思います。
・・・その安比奈線ですが、ずっと休止状態でしたが、いよいよ廃止の時を迎えることとなりました。


西武ホールディングスのニュースリリースに、特別損失(減損損失)の計上に関するお知らせがあります。
それによれば、安比奈車両基地用地において、その整備計画を廃止する―と書いてあります。

そしてこちらは産経ニュースの記事。


ニュースリリースに補足資料も掲載されています。以下の画像は補足資料をプリントスクリーンしたものです。


途中までは元の線路位置を活用するような線形です。といっても、地上は無理なところが多いでしょうから、国道16号との交差部付近と八瀬大橋付近は地下化(または高架化)する予定だったのかな?
ahinasen.jpg
その途中には新駅も予定されていました。


車両基地もずいぶんと具体的です。
ahina-syaryokichi.jpg
西武建材安比奈工場の南側から車両基地に入れるようになる予定でした。これを見る限りだと、やはり単線なのかな。旅客輸送も予定していたとはありますが、なかなか難しいのでは。。。それとも、新駅までは複線、、、なわけないか。。


一部線路や架線柱が残っている場所もありますが、今後の活用方法によっては撤去される可能性も無きにしも非ず。
線路跡をうまい具合に活用できていれば・・・とも思いますが、こればかりはしょうがない。南入曽車両基地で十分対応できるんであれば、新しく車両基地を作る必要は無くなりますからね。


安比奈出身と言うわけでもなければ特別思い入れがあるというわけでもありませんが、やはり以前に探索したということもあり、いろいろ思うところあって記事を書きました。時間かかったわりにはいつも以上にまとまりがありませんね。後で修正するかもしれません。
スポンサーサイト
2016-02-10 : 鉄道関係 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

Author:tokiwa

カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2016年02月 | 03月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -


ブログ内検索

日めくりカレンダー

Twitter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。