梅戸橋 通行車線の変更について

前回、梅戸橋の記事を更新していて「切り替え工事を進めているわけだし、後は発表を待つだけだよな」なんて思っていたのです。そしたらですね。
umetobashi-201511.jpg広報みと平成27年10月15日号より抜粋)
ちょっと噂をしたら・・・!!(たまたまだと思う)
これによれば、常磐線南側交差点(以下「南側」)の切り替えが11月中旬(予定)、常磐線北側交差点(以下「北側」)の切り替えが11月下旬(予定)となっています。

南側の道路切替・・・あれは去年の11月10日でした。いろいろトラブルがあった影響で、開通時刻を20分くらい過ぎてようやっと通行できたんだよね。その間、ずっとデジカメを持って撮っていて結構辛かった思い出です。せめて三脚持って行けばよかった。
それから一年後に再び通行路を切り替えるとはかなり早いような気がします。というか驚いた。それほど工事が進んでるってことなんだろうね。

この切替に伴い、右折左折がまた逆になります。日が近づけば、現地に看板が出るでしょう。詳細が分かり次第、このブログでも記事化するつもりです。


ここで個人的に疑問なのがですね、北側付近の道路を切り替えるのは分かるのです。 が、南側を切り替える理由が分からん。・・・もしかして、海側ヤードに出来た橋脚がいよいよ架橋工事に入るのだろうか?工事用地を考えたら、それが妥当なのかな。



さて、ここで気になる記事を発見。というか、この工事に大きくかかわってる記事であります。
水戸駅平須線の改良鋪装L400m秋ごろ工事発注(日本経済新聞社)

県土木部都市局公園街路課は、JR常磐線を跨ぐ梅戸橋(水戸市備前町)の架け換えに伴い都市計画道路「水戸駅平須線」の街路事業を進めており、道路改良舗装工事を秋ごろ発注する。4車線のうち先行して暫定2車線(水戸駅側下り線)で供用させるため橋から北側の400mと周辺の盛土を約15カ月で施工する。暫定供用後には、現橋の撤去や残る2車線(赤塚駅側上り線)の整備を進め、完成4車線で供用させたい考えだ。(本文より抜粋)

8月末に出た記事です。ワタクシ全然気づかなかったです。
それはさておき・・・暫定二車線で先行開通するというのは以前から決まっていました。今年の秋ごろに道路改良舗装工事を発注して、約15ヶ月で施工する・・・11月下旬に道路を切り替えてからとしても、再来年(2017年)の3月くらいまでの工期かな?

これまで、数回にわたる道路の切り回し工事や地盤改良工事を進めるとともに、橋の架け換えをJR東日本に委託している。橋梁の諸元は、橋長が下り線102・9m、上り線84・6mの上下分離で4車線構造。
 県では、4車線のうち先行して暫定2車線(水戸駅側の下り線)で供用したい考え。それに向け、まずは路線の起点部となる橋梁北側の延長400mで道路改良舗装工事を実施する。軽量盛土工や盛土工が発生するため、1件の工事の中で合わせて行う。工期は約15カ月。
 その後、橋より南側の道路を整備して暫定供用を図った後、現橋の撤去、残る2車線(赤塚駅側の上り線)の整備を進めながら、2020年ごろをめどに4車線での完成を目指す。
(本文より抜粋)


こうして見ると、時間のかかる工事なんだなーってことが分かります。
やはり、暫定供用は2017年ごろになりそうか?その前提で、残りを3年ほどでやるのは可能なのかな。現橋の取り壊し、地盤改良、橋脚建設、架橋工事・・・こうしてみると結構あるんだな。。


今後、自分自身の生活環境がどう変わるのか、全く分かりません。が、やはりそれなりに長く確認している工事でもあるので、可能な限り見ていきたいと思っています。もし俺が確認できなくなったら、誰か代わりに見てください
スポンサーサイト
2015-10-10 : 梅戸橋・梅戸橋桜川線 : コメント : 0 :
ホーム

プロフィール

tokiwa

Author:tokiwa

カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索

日めくりカレンダー

Twitter